2009年05月06日

今までの光触媒を利用した物との違い

実は今までも、エアープロット以外にも光触媒を
利用した物を塗布する商品はありました。

しかし、このエアープロットは、
塗布面のガラスの透明度を損なわないだけでなく、
光触媒の二酸化チタンが塗布剤から飛び出した状態になっており
今までの物に比べ高い効果を発揮してくれるのです。

tohumen.jpg

コレは、二酸化チタンの頭出しといって、製法特許なので
他には、ない特徴といえます。

同じ事をしても、効果が高いのです。
posted by エアープロット at 19:46| エアープロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。